ホーム   >   2020年度(令和2年度)講義概要―シラバス―   >   幼児教育学科 2年   >   保育内容「健康」の指導法

2020年度(令和2年度)講義概要―シラバス―

保育内容「健康」の指導法 (科目記号:EEM306)

相澤みゆき

卒業/修了要件 授業形態 単位数 配当年次 開講期間
選択必修科目 演習 1単位 2年 前期

学位授与の方針との関連

1 幼児教育・保育に関する教育課程を編成し、幼稚園教諭・保育士として必要な専門的知識と技能の修得を目指す。
2 幼児教育・保育に関する教育課程を編成し、幼稚園教諭・保育士として必要な思考力・判断力・表現力及び保育実践力の涵養を目指す。

授業科目の目的・テーマ

・乳幼児の発達や学びの過程を理解し、具体的な保育を想定した保育を構想する方法を身に付ける。
・領域「健康」の特性をもとに情報機器及び教材を活かし具体的な指導方法を身に付ける。

授業修了時の到達目標

乳幼児期の健康に関わる生活習慣や心身の発育・発達、運動発達の特徴が説明できる。
幼児の安全管理・安全教育・健康管理に関する基本的な考え方を理解している。
乳幼児・領域「健康」の幼児が経験し身に付けていく内容と指導上の留意点を理解している。
領域「健康」に関わる具体的な指導場面を想定した保育を構造する方法が考えられるようになる。
幼児が経験し身につけていく内容の関連性や小学校教育とのつながりを理解している。

授業内容の全体計画

第1回 領域「健康」のねらい及び内容
第2回 乳幼児の生活環境と健康  【課題研究】
第3回 乳幼児の生活習慣を支える援助  【課題研究】
第4回 幼児の健康維持・増進のための身体活動 【課題研究】
第5回 保育における運動指導と留意点
第6回 健康な心と体を育む保育の構想
第7回 小学校教科とのつながり
第8回 保育における領域「健康」 
第9回 領域「健康」と保育実践 ~計画立案~
第10回 領域「健康」と保育実践 ~教材研究~
第11回 領域「健康」と保育実践 ~準備~
第12回 領域「健康」と保育実践 ~発表~
第13回 遊びとしての運動 ~安全管理と安全教育~
第14回 遊びとしての運動 ~保育実践における留意点~
第15回 領域「健康」をめぐる現代課題と保育実践


アクティブラーニング
第8~⒓回は模擬保育を想定し計画から発表までを個々で行う。


授業時間外の学習(予習・復習等)

シラバスに記載のテキスト範囲及び資料を事前に読んでおくこと(各回1時間)
学習した内容を振り返りノートにまとめ、次回の授業に臨むこと(各回1時間)
幼稚園教育要領、保育所保育指針、幼保連携型認定こども園教育・保育要領の領域「健康」を熟読する。(3時間)

単位認定に関わる評価方法

授業内課題 50% 模擬保育の発表内容および振り返り 40% 授業への参加姿勢 10%

受講生に望むこと

自分自身の生活習慣を整え健康な身体つくりを日頃から心がけること。
実習及び地域と子育て支援の授業の際は積極的に子どもと関わることで子ども理解を深め、授業に活かして下さい。

フィードバックの方法

課題は添削し返却する。
保育実践の計画~振り返りまではその場でコメントする。

アクティブラーニング

第6~8回は実践を踏まえた運動遊びを行う。
第10~13回は模擬保育に向けての準備から発表をグループで行う。

テキスト

『新時代の保育双書 保育内容 健康 第3版』 編集代表 春日晃章 みらい

参考文献

『子どもと健康』   菊池秀範・石井美晴 編  萌文書林
『保育内容・領域 健康』 清水将之・相樂真樹子 編著 わかば社
『保育所保育指針解説書』厚生労働省 フレーベル館
『幼稚園教育要領解説』 文部科学省 フレーベル館
『幼保連携型認定こども園教育・保育要領解説』内閣府・文部科学省・厚生労働省・フレーベル館

実務経験の有無

備考

本科目は教職に関する科目のうち、保育内容の指導法に関する科目であり、保育士養成における保育の内容・方法に関する科目である。

オフィスアワー

火・12:30~13:30

このページの先頭へ戻る