ホーム   >   2020年度(令和2年度)講義概要―シラバス―   >   国際観光ビジネスコース 2年   >   日本語総合演習Ⅳ<中級クラス>

2020年度(令和2年度)講義概要―シラバス―

日本語総合演習Ⅳ<中級クラス> (科目記号:LKR406)

三木真奈美

卒業/修了要件 授業形態 単位数 配当年次 開講期間
選択必修科目 演習 2単位 2年 後期

学位授与の方針との関連

2 国際コミュニケーション分野に関する教育課程を編成し、英語や中国語(留学生に日本語)など実用的な外国語会話の修得を目指す。

授業科目の目的・テーマ

JLPT N3~N2レベルの表現や語彙を用い、実際の日本語使用場面で「できる」ことを増やす。
適切な言葉の使用と共に、文化についても理解を深める。

授業修了時の到達目標

日常生活の様々な場面で、必要な情報が収集できる。
自分の考えや意見をある程度まとめて、相手に的確に伝えられるようになる。

授業内容の全体計画

第1回 オリエンテーション
日本を旅する パンフレットを読んで、おもしろいツアーを見つけよう
第2回 見どころや注意事項は? 車内放送をよく聞こう
第3回 私の心に残った旅行
第4回 ライフスタイルを考えよう
第5回 グラフやデータを見て、自分の考えを言ってみよう 
第6回 心と体の健康1
第7回 心と体の健康2
第8回 ブログを読もう
第9回 映画やドラマなど、好きな作品を紹介しよう
第10回 新聞の投書を読んでみんなで話そう
第11回 カルチャーショック 異文化の中で
第12回 異文化適応とは?
第13回 自分の国と日本の違いについて話そう
第14回 メールの基本と書き方
第15回 丁寧な言い方とは?
定期試験

授業時間外の学習(予習・復習等)

出された課題を行い、学習した内容を復習すること。(毎回2時間)
発表の前には事前に準備と練習をしておくこと。 (毎回2時間)

単位認定に関わる評価方法

定期試験:50%、課題・発表:30%、授業への参加度:20%

受講生に望むこと

積極的に発言し授業に参加すること。
携帯電話の使用は、許可があった時に限る

フィードバックの方法

発表の後、講評する。

アクティブラーニング

課題についてまとめた内容を発表してもらいます

テキスト

プリントを配布する。

参考文献

必要があれば授業中に提示する

実務経験の有無

備考

当該学生のニーズ・レベルにより、シラバスを変更する場合がある。

オフィスアワー

授業終了後に教室で質問を受け付ける。

このページの先頭へ戻る