2020年度(令和2年度)講義概要―シラバス―

観光資源論Ⅱ (科目記号:LKT306)

中山光成

卒業/修了要件 授業形態 単位数 配当年次 開講期間
選択必修科目 講義 2単位 2年 前期

学位授与の方針との関連

1 観光分野に関する教育課程を編成し、国内旅行業務取扱管理者として必要な専門的知識とホスピタリティー技能の修得を目指す。

授業科目の目的・テーマ

本講義は、海外の観光資源について国・地域ごとに学習する。各地の観光地、祭り、郷土料理、名産品等地域の特徴や文化、生活について理解する。
また、毎年10月に実施される「総合旅行業務取扱管理者」の国家試験に出題される「海外旅行実務」の観光地理の学習にも役立てることができる。

授業修了時の到達目標

① 海外にある観光資源について理解することができる
② 観光資源の学習を通じて、各国・地域のくらしについて理解することができる
③ 各地の観光資源を組み合わせて、旅行プランを立てることができる
④ 旅行業務取扱管理者試験の海外観光地理に関する知識を習得できる

授業内容の全体計画

第1回 ガイダンス 世界の地域区分、海外観光資源とは?
第2回 ヨーロッパ① イギリス・北欧周辺
第3回 ヨーロッパ② ドイツ・フランス周辺
第4回 ヨーロッパ③ イタリア・スペイン周辺【課題研究】
第5回 ヨーロッパ④ 東欧、ギリシャ周辺、ロシア【課題研究】
第6回 中近東
第7回 アジア① 東アジア
第8回 アジア② 東南アジア
第9回 アジア③ インド、ネパール周辺
第10回 北米
第11回 中南米
第12回 オセアニア
第13回 アフリカ
第14回 総合旅行業務取扱管理者の海外地理対策① ヨーロッパ・アジア
第15回 総合旅行業務取扱管理者の海外地理対策② 北米・南米・オセアニア
定期試験


授業の予定・内容は変更することもある。

授業時間外の学習(予習・復習等)

・海外の多くの観光資源について学ぶので、毎日の学習が重要となる。テキスト、配布プリントなどを1日15分程度(各回2時間)でよいから毎日復習する。
・次回の内容を指示するので、その部分のテキストを読んで講義にのぞむこと。(各回2時時間)

単位認定に関わる評価方法

定期試験 50%  小テスト・課題30% 授業への参加度 20%

受講生に望むこと

・10月の総合旅行業務取扱管理者の受験希望者は、「旅行業務Ⅰ」「旅行業務Ⅱ」「旅行業務Ⅲ」「旅行業務Ⅳ」「観光資源論Ⅰ」を
 履修していることが望ましい。
・講義中の私語、スマホ等による着信音・操作音等、無断での教室への出入りなど迷惑行為は厳禁。
 迷惑行為に対しては厳正に対処、退室を求めることもあるので気を付けること
・授業開始後~20分の入室は遅刻、それ以降は欠席扱いとする
・駅や旅行会社の店頭にある旅行のパンフレット、旅行雑誌、旅番組などを見て、海外の観光資源について理解を求めること

フィードバックの方法

第6回、第10回、第13回の授業時に小テストを行う。
小テストは採点し、返却・解説を行う。

アクティブラーニング

テキスト

『国内観光地理サブノート』 JTB総合研究所 (800円+消費税)
その他、必要に応じてプリントを配布します。

参考文献

『海外観光資源』 JTB総合研究所 
『旅に出たくなる地図 世界』 帝国書院
『総合旅行業務取扱管理者』試験実施要項・過去問・解答(日本旅行業協会のホームページでダウンロードできます)

実務経験の有無

備考

総合旅行業務取扱管理者試験 受験料¥6,500(令和元年度)

オフィスアワー

木・12:00~13:00

このページの先頭へ戻る