2020年度(令和2年度)講義概要―シラバス―

キャリアデザイン (科目記号:LKB402)

松原文子

卒業/修了要件 授業形態 単位数 配当年次 開講期間
選択必修科目 講義 2単位 2年 後期

学位授与の方針との関連

授業科目の目的・テーマ

キャリアについて学ぶことで、自分の働き方・生き方を考える。

授業修了時の到達目標

自分を知る(自己分析・自己理解)
他人を知る(他者理解とコミュニケーション)
社会を知る(現代社会への理解)
以上3つを知ることにより、キャリアデザインマップを作成し、将来のビジョンを描くことができる。 

授業内容の全体計画

第1回 オリエンテーション
第2回 キャリアを考えるⅠ ―キャリアデザインとは何か?
第3回 キャリアを考えるⅡ ―キャリアに関わる諸理論
第4回 自己理解を深めるⅠ ―自己全体像を知る
第5回 自己理解を深めるⅡ ―エゴグラムによる自己分析
第6回 自己理解を深めるⅢ ―社会人基礎能力を身につける
第7回 働き方を考えるⅠ ―仕事とは何か?
第8回 働き方を考えるⅡ ―多様な働き方
第9回 働き方を考えるⅢ ―ライフキャリアとワークキャリア
第10回 社会理解を深めるⅠ ―人と社会の関係
第11回 社会理解を深めるⅡ ―ビジネスマナーの知識
第12回 社会理解を深めるⅢ ―ビジネスマナーの実践 
第13回 職場における自己成長
第14回 キャリアデザインマップの作成
第15回 ふりかえり・これからのキャリアデザイン 
  定期試験

授業時間外の学習(予習・復習等)

課題についての調査・データー収集・考察(3時間)
社会人になるための教養を身につける。〈例 日々のニュースをチェック〉(1時間)

単位認定に関わる評価方法

定期試験40%  提出課題(ワークシート)40%  授業への参加度20%

受講生に望むこと

自分の構想・企画を具体的に表現する。

フィードバックの方法

提出課題は発表の場をもち、クラスで意見交換をする。

アクティブラーニング

グループ学習において、課題解決のため十分に討論し、グループ毎に発表する。

テキスト

特になし

参考文献

北浦正行編著『キャリアデザインの教科書』労働調査会、2019年
齋藤博・上本裕子著『大学1年からのキャリアデザイン』2017年
寿山泰二著『社会人基礎力が身につくキャリアデザインブック 自己理解編』金子書房、2012年
寿山泰二著『社会人基礎力が身につくキャリアデザインブック 社会理解編』金子書房、2012年

実務経験の有無

備考

学生のニーズやレベルにより、シラバスを変更する可能性がある。

オフィスアワー

授業終了後に教室で質問を受けつける。

このページの先頭へ戻る