2021年度(令和3年度)講義概要―シラバス―

地域福祉論 (科目記号:LWE402)

泉浩徳

卒業/修了要件 授業形態 単位数 配当年次 開講期間
選択必修科目 講義 2単位 2年 前期

学位授与の方針との関連

2 介護福祉に関する教育課程を編成し、介護福祉に関わる専門職として必要な知識・技能を修得することを目指す。

授業科目の目的・テーマ

社会福祉の動向は,地域共生社会と地域生活自立支援が重要な課題になってきている.わが国独特といわれる地域福祉の発展経過を見ながら,“実践”・“理論”・“制度政策”の三つの側面からその概要を学ぶ.

授業修了時の到達目標

地域住民が安心して生活できる方法を考え,可能な限り計画・実践することができる.

授業内容の全体計画

第1回 地域社会の概念と理論・地域社会の変化・多様化、複雑化した地域生活課題の現状とニーズ
第2回 地域福祉と社会的孤立
第3回 地域包括ケアシステム
第4回 生活困窮者自立支援の考え方・包括的支援体制
第5回 地域共生社会の構築とは
第6回 地域共生社会の実現に向けた各種施策
第7回 地域福祉ガバナンス・多機関協働を促進する仕組み
第8回 多職種連携・福祉以外の分野との機関協働の実際
第9回 地域福祉の概念と理論・地域福祉の歴史
第10回 地域福祉の推進主体・地域福祉の主体と福祉教育
第11回 地域を基盤としたソーシャルワークの展開
第12回 災害時における総合的かつ包括的な支援体制
第13回 福祉計画の意義と種類、策定と運用 
第14回 福祉行政システム 国の役割・役割・市町村の役割・国と地方の関係
第15回 福祉における財源・まとめ
定期試験

授業時間外の学習(予習・復習等)

・予習としてテキストを事前に読み込み,授業内で質問されたところを答えられるようにしておくこと.(2時間)
・復習として,授業内で提示された主要キーワードを自分の言葉で説明できるように整理しておくこと.(2時間)

単位認定に関わる評価方法

定期試験:70% 授業態度:25% 課題:5%

受講生に望むこと

・地域福祉に関するニュース番組,テレビ番組,新聞記事などは積極的に観ておくこと.
・主に介護福祉士養成と社会福祉主事任用養成の為の授業を行うが,将来,社会福祉士養成に編入した場合に対応できるよう授業を展開する.

フィードバックの方法

授業内で質疑しその場でコメントを返す.課題レポート、小テスト等はコメントを返す.定期試験は面談にてコメントを返す.

アクティブラーニング

テキスト

『地域福祉と包括的支援体制』 (最新社会福祉士養成講座精神保健福祉士養成講座)中央法規 


参考文献

適宜紹介する。必要な場合は別途配布する。

実務経験の有無

高齢者施設や居宅介護支援事業所等のソーシャルワーカーやケアマネジャーとしての経験を活かし,事例を交えて授業を展開する.

備考

配布資料を綴る為のファイルを準備すること.

オフィスアワー

木・11:00~12:30

このページの先頭へ戻る