2021年度(令和3年度)講義概要―シラバス―

救急処置法 (科目記号:LWK401)

藤井皆子

卒業/修了要件 授業形態 単位数 配当年次 開講期間
選択必修科目 演習 1単位 2年 後期

学位授与の方針との関連

2 介護福祉に関する教育課程を編成し、介護福祉に関わる専門職として必要な知識・技能を修得することを目指す。

授業科目の目的・テーマ

介護における安全の確保とリスクマネ-ジメントのため、高齢者や障がい者に起こりやすい事故の予防や救急処置を習得し、感染の予防や災害時の対策・対応について学ぶ。

授業修了時の到達目標

①事故や災害時の対応・対策を理解する。
②感染予防について理解する。
③救急時の処置法を身につける

授業内容の全体計画

第1回 介護における安全対策・事故防止
第2回 セーフティマネージメント、緊急連絡システム
第3回 ヒ-トショック(事故予防と対処方法)   
第4回 熱中症と脱水 (予防・対処方法) 
第5回 傷の種類(火傷を含む)、止血の方法
第6回 三角巾の巻き方1 (包帯法・腕の巻き方演習)
第9回    〃   2  (頭部・下肢の巻き方演習)
第7回 転倒、転落、骨折予防、
第8回 骨折時の応急処置と運搬方法演習
第9回 日本の災害と南海トラフ
第10回 故郷の防災対策(今治市防災危機管理課)
第11回 誤嚥、窒息の防止   
第12回 感染症 
第13回 感染予防・発症時の対策
第14回 防災対策 (グル-プワ-ク)
第15回 防災対策 グル-プ発表
定期試験

授業時間外の学習(予習・復習等)

実技演習もあるので、事前に配布された資料に目を通す。
グル-プワ-クや課題があるので、これらを通して予習復習をする。

単位認定に関わる評価方法

試験(筆記・実技)60%  レポート 20%  授業態度 20%

受講生に望むこと

感染症や災害について、メモやスクラップにして、感染予防や防災対策について日頃から、関心を高ておくこと。。

フィードバックの方法

アクティブラーニング

テキスト

『新・介護福祉士養成講座 介護の基本Ⅱ』メヂカルフレンド出版
適宜プリント配布

参考文献

『津波避難学』 すぴか書房

実務経験の有無

備考

事故防止・安全対策及び救急処置をグループ演習する。

オフィスアワー

金・11:30~12:30

このページの先頭へ戻る