2021年度(令和3年度)講義概要―シラバス―

介護福祉概論Ⅳ (科目記号:LWM404)

上村友希

卒業/修了要件 授業形態 単位数 配当年次 開講期間
選択必修科目 講義 2単位 2年 後期

学位授与の方針との関連

2 介護福祉に関する教育課程を編成し、介護福祉に関わる専門職として必要な知識・技能を修得することを目指す。
3 介護福祉に関する教育課程を編成し、介護福祉に関わる専門職として必要な多職種との連携の必要性を理解することを目指す。

授業科目の目的・テーマ

介護を必要とする人々を支えるための多職種連携と介護における安全の確保について理解する。

授業修了時の到達目標

介護を必要とする人の生活を支える多職種協働について理解できる
介護における安全確保についての概要を説明できる。

授業内容の全体計画

第1回 多職種連携の機能と役割1:多職種連携の・協働とは
第2回 多職種連携の機能と役割2:多職種連携・協働の必要性
第3回 多職種連携の機能と役割3:多職種連携・協働に求められるちから
第4回 多職種連携の機能と役割4:医療・保健・福祉職の役割と機能
第5回 多職種連携の機能と役割5:栄養・調理他の職種の役割と機能
第6回 多職種連携・協働の実際
第7回 グループワーク(事例を通して多職種連携・協働を考える)
第8回 利用者の人権と介護(個人情報保護他)
第9回 介護における安全の確保
第10回 リスクマネジメントの意義と目的
第11回 場面に応じたリスクマネジメント
第12回 介護従事者の健康管理の意義・目的
第13回 介護従事者の安全1:法律、環境
第14回 介護従事者の安全2:心・身体の健康管理
第15回 介護従事者の安全3:安全確保について事例検討(グループワーク)
定期試験

授業時間外の学習(予習・復習等)

事前学修:シラバスに沿ってその範囲のテキストを熟読する(各回1.5時間)
事後学修:配布プリントと合わせテキストからキーワードを抜き出しノートにまとめておく。課題があるときは課題に取り組む。(各回2.5時間)

単位認定に関わる評価方法

定期試験:70% 授業態度:15% 課題:15%

受講生に望むこと

介護福祉職を目指す者として相応しい言動をすること.そのために,一般教養を高め,高い倫理観・道徳観を持つよう心がけ,その上で学習内容,および既習内容の関連性を意識して体系的に学習を進めること.

フィードバックの方法

定期試験・課題は、評価し返却する。返却時に解説を行う。

アクティブラーニング

7・15回目にグループワークを行い、グループごとに発表する

テキスト

『最新介護福祉全書3 介護の基本』西村洋子編 メヂカルフレンド社

参考文献

適宜紹介する。必要な場合は別途配布する。

実務経験の有無

介護福祉施設勤務。介護福祉士としての現場経験を活かし、現場での事例を取り入れて講義を行う。

オフィスアワー

金・13:00~14:30

このページの先頭へ戻る