2021年度(令和3年度)講義概要―シラバス―

生活支援技術Ⅵ (科目記号:LWN401)

上村友希

卒業/修了要件 授業形態 単位数 配当年次 開講期間
選択科目 演習 1単位 2年 後期

学位授与の方針との関連

2 介護福祉に関する教育課程を編成し、介護福祉に関わる専門職として必要な知識・技能を修得することを目指す。

授業科目の目的・テーマ

休息・睡眠の介護と福祉用具について学ぶとともに、自立に向けた介護及び潜在能力を活用した介護の実践能力を養う。

授業修了時の到達目標

・利用者の心身の状態に応じた尊厳のある自立に向けた介護が実践できる。
・対象者に応じた介護について実践の根拠を説明できる。
・休息・睡眠の介護、福祉用具の意義と活用方法について説明できる。

授業内容の全体計画

第1回 グループワーク1 実習で学んだ技術について事例検討
第2回 グループワーク2 実習で学んだ技術について事例検討及び発表準備    
第3回 グループワーク3 実習で学んだ技術について発表準備
第4回 グループワーク4 実習で学んだ技術について発表
第5回 災害時における生活支援1:被災地で活動する際の心構え
第6回 災害時における生活支援2:災害時における生活支援
第7回 休息・睡眠の介護1:睡眠の意義と目的
第8回 休息・睡眠の介護2:安眠のための介護
第9回 休息・睡眠の介護3:対象者に応じた留意点、ポジショニング
第10回 拘縮予防のアプローチ
第11回 拘縮のある利用者へのアプローチ
第12回 フットケアについて
第13回 福祉用具の意義と活用1:福祉用具の活用と意義
第14回 福祉用具の意義と活用2:福祉用具の種類と制度
第15回 福祉用具の意義と活用3:自立に向けた福祉用具活用・介護ロボットについて
定期試験

授業時間外の学習(予習・復習等)

事前学修:学修する項目のテキストを読んでおく(30分)
事後学修:その日学んだ技術の復習をする(30分)

単位認定に関わる評価方法

試験 60%  レポート 20%  授業中の態度 20%
実習室使用にあたっての忘れ物があった場合は減点します(5点/回)

受講生に望むこと

生活支援技術は、日常私達が生活している場面が殆どである。何気ない動作も根拠を考えながら実技にとり組んでほしい。
学生同士、互いに学び合い、刺激し合い、技術向上を目指し自信をもてるよう頑張りましょう
実習室を使用する際のルール(実習儀の着用、身だしなみ等)は厳守すること

フィードバックの方法

試験は返却時に解説する

アクティブラーニング

1回目から3回目はグループワークを行い4回目に発表する

テキスト

『最新・介護福祉士養成講座6 生活支援技術Ⅰ』   中央法規出版
『最新・介護福祉士養成講座7 生活支援技術Ⅱ』

参考文献

『潜在力を引き出す介助』 田中義行 中央法規出版
『拘縮予防・改善のための介護』 田中義行 中央法規出版
『介助が困難な人への介護技術』 田中義行 中央法規出版
『介護福祉士国家試験実技試験のチェックポイント』 介護実技研究会編集 中央法規出版

実務経験の有無

介護福祉施設勤務。介護福祉士としての現場経験を活かし、事例を紹介しながら授業を行う。

オフィスアワー

金・13:00~14:30

このページの先頭へ戻る