2021年度(令和3年度)講義概要―シラバス―

介護総合演習Ⅲ (科目記号:LWP303)

上村友希・杉本詠二・藤井皆子

卒業/修了要件 授業形態 単位数 配当年次 開講期間
選択科目 演習 1単位 2年 前期

学位授与の方針との関連

2 介護福祉に関する教育課程を編成し、介護福祉に関わる専門職として必要な知識・技能を修得することを目指す。
3 介護福祉に関する教育課程を編成し、介護福祉に関わる専門職として必要な多職種との連携の必要性を理解することを目指す。

授業科目の目的・テーマ

介護実習をとおして介護福祉士になるための自己の課題を明確にできる。
介護過程において学修してきた知識と技術を統合しアセスメント及び目標の設定を行うことができる。
実習記録の必要性を理解し、行ったことと指導を受けたことに対しての考察を適切に記録することができる。また、自分の行った実習内容に対して、随時自己評価ができる。

授業修了時の到達目標

これまでの学習と介護実習A・Bで習得した知識と技術を統合し介護実習Cで介護過程を展開できる。

授業内容の全体計画

第1回 実習Cをおこなう施設の理解
第2回 介護実習Cの実習目標の明確化と各自の目標設定
第3回 介護実習Cのアンケート、事前面接、グループ編成
第4回 個人調書作成・準備
第5回 生活支援技術の総復習
第6回 施設事前訪問
第7回 実習の事例を用いて各領域の学びと実習に基づいた介護過程演習1
:記録について・アセスメント(情報の収集)について
第8回    〃  2:アセスメント(情報収集・情報の解釈、分析、統合化)について
第9回    〃  3:アセスメント(情報の解釈、分析、統合化)について
第10回    〃  4:課題と目標設定・計画について
第11回 生活史の研究1(グループワーク)
第12回    〃  2(グループワーク)
第13回 生活史の発表(プレゼンテーション)
第14回 介護実習Cの自己反省
第15回 介護実習Dの目標設定と実習準備

授業時間外の学習(予習・復習等)

事前学修:テキストなどで必要事項を調べておく(30分)
事後学修:レポートやグループワークの準備など(30分)

単位認定に関わる評価方法

レポート 70%  授業参加度 30%

受講生に望むこと

グループでの活動が多いです。協調性を持ち積極的に行動してください。

フィードバックの方法

レポートは随時返却し解説する

アクティブラーニング

11~13回はグループワークと発表を行う

テキスト

『最新・介護福祉士養成講座10 介護総合演習・介護実習』 中央法規出版

参考文献

適宜配布する

実務経験の有無

介護福祉士・看護師での現場経験を活かし、授業を行う

オフィスアワー

上村 
杉本 木・11:00~12:30
藤井 金・11:30~12:30

このページの先頭へ戻る