2021年度(令和3年度)講義概要―シラバス―

認知症の理解Ⅱ (科目記号:LWG302)

藤井皆子

卒業/修了要件 授業形態 単位数 配当年次 開講期間
選択必修科目 講義 2単位 2年 前期

学位授与の方針との関連

2 介護福祉に関する教育課程を編成し、介護福祉に関わる専門職として必要な知識・技能を修得することを目指す。

授業科目の目的・テーマ

認知症に伴うこころとからだの変化と日常生活、地域との連携・協働のあり方を理解し、本人や家族・地域のサポ-と体制を含めた認知症ケアについて基礎知識を身につける。

授業修了時の到達目標

①認知症に伴う生活への影響を理解する。
②認知症の人の特性を踏まえたアセスメントができる。
③認知症の人の理念に基づいたケアの実際を説明できる。
④認知症の人や家族が地域で自立した生活を継続するための多職種連携と協働が説明できる。

授業内容の全体計画

第1回 認知症を取り巻く状況(歴史)と認知症ケアの理念
第2回 認知症当事者の視点から見えるもの
第3回 認知症ケアの実際(パ-ソン・センタ-ド・ケア)
第4回 認知症の人の特性を踏まえたアセスメントツ-ル
第5回 認知症の人の特性を踏まえたアセスメントツ-ル事例(グル-プワ-ク)
第6回 認知症の人とのコミュニケ-ション
第7回 認知症の人のケア1(日常生活のケア)
第8回 認知症の人のケア2(BPSDのケア)
第9回 認知症の人のアプロ-チの方法
第10回 認知症の人の終末期医療と介護
第11回 環境づくり
第12回 家族への支援1(家族介護の受容の過程・家族へのエンパワメント)
第13回 家族への支援2(レスパイトケア他)
第14回 認知症に関する制度
第15回 多職種連携と協働・まとめ
    定期試験

授業時間外の学習(予習・復習等)

シラバスに沿って、テキストの予習を行い、単語の意味を調べる。(2時間)
学んだことの復習を単元ごとの課題を通して、行う。(2時間)

単位認定に関わる評価方法

試験 60%  レポート 20%  授業への参加度 20%

受講生に望むこと

実習で関わった認知症利用者の事例をまとめ、授業に生かしてほしい。
後期の実習では、学んだ知識を活用し、認知症の方のケアに生かし実習で実践してほしい。

フィードバックの方法

小テスト、課題、レポートじゃ解説をふまえて返却する。

アクティブラーニング

第5回事例をふまえたアセスメントのグループワークと発表。
第14回認知症に関する地域の制度を調べて発表。

テキスト

『最新・介護福祉士養成講座13 認知症の理解』    中央法規出版

参考文献

『パ-ソンセンタ-ド・ケアで開く看護の扉』鈴木 みずえ ・ 酒井 郁子 (編) 南江堂

実務経験の有無

老年看護学を教えた看護教員としてまた臨床の看護師の経験を生かして授業を行う。

備考

理解と事例を通して講義を行う。

オフィスアワー

金・11:30~12:30

このページの先頭へ戻る