2021年度(令和3年度)講義概要―シラバス―

障害の理解Ⅰ (科目記号:LWI301)

村上順子・藤井皆子

卒業/修了要件 授業形態 単位数 配当年次 開講期間
選択必修科目 講義 2単位 2年 前期

学位授与の方針との関連

2 介護福祉に関する教育課程を編成し、介護福祉に関わる専門職として必要な知識・技能を修得することを目指す。

授業科目の目的・テーマ

障害のある人の心理や身体の機能に関する基礎的知識を習得するとともに障害のある人の生活を理解する。

授業修了時の到達目標

障害の種類とその特性が理解できる。

授業内容の全体計画

第1回 障害の概念と障害者(児)の実態
第2回 障害者福祉の基本理念
第3回 身体障害者の種類と原因と生活の特性:視覚障害
第4回         〃        :聴覚・言語障害
第5回         〃        :肢体不自由者
第6回         〃        :内部障害
第7回         〃        :内部障害
第8回 聞こえの学習(聴覚障害の人の生活)
第9回 精神障害の種類と原因      
第10回 精神障害者の生活の特性
第11回 知的障害の種類と原因      
第12回 知的障害者の生活と特性
第13回 重複障害の種類と原因と生活の特性
第14回 発達障害の種類と原因と生活の特性
第15回 介護保険指定の難病の種類と原因と生活の特性
    定期試験

授業時間外の学習(予習・復習等)

・適宜授業終了時に予習・復習の課題を提示する。(2時間)
・次回授業の教科書、レジメを読んでおく。(2時間)

単位認定に関わる評価方法

試験 60%  レポート(5回予定)20%  授業への参加度 20%

受講生に望むこと

障害を理解することにより、誰もが暮らしやすい社会を考えてみてください。

フィードバックの方法

定期試験は採点後模範解答と解説を併せて返却する。

アクティブラーニング

第7回聞こえの学習では聴覚障害のある先生の体験をふまえた講義や着物の着つけ演習をならう。

テキスト

介護福祉士養成講座編集委員会編『障害の理解』中央法規出版

参考文献

授業中に参考資料を適宜配布する。

実務経験の有無

オフィスアワー

村上 授業終了後に教室で質問を受け付ける
藤井 金・11:30~12:30

このページの先頭へ戻る