2021年度(令和3年度)講義概要―シラバス―

社会保障論 (科目記号:LWJ201)

泉浩徳

卒業/修了要件 授業形態 単位数 配当年次 開講期間
選択必修科目 講義 2単位 1年 後期

学位授与の方針との関連

2 介護福祉に関する教育課程を編成し、介護福祉に関わる専門職として必要な知識・技能を修得することを目指す。

授業科目の目的・テーマ

わが国の社会保障の基本的な考え方,歴史,変遷,およびしくみについて学習し,福祉実践に必要な基礎知識を身につける。

授業修了時の到達目標

社会保障の全体像をつかみ,わが国の社会保障が当面する課題を考えることができる。

授業内容の全体計画

第1回 現代社会と社会保障
第2回 社会保障の歴史(1)世界
第3回 社会保障の歴史(2)日本
第4回 社会保障の構造
第5回 社会保障の財源と費用
第6回 介護実践に関する諸制度:年金保険制度(1)国民年金
第7回 介護実践に関する諸制度:年金保険制度(2)厚生年金など
第8回 介護実践に関する諸制度:医療保険制度
第9回 高齢者福祉と介護保険制度(1)経緯と概要
第10回 高齢者福祉と介護保険制度(2)利用手続きと給付内容
第11回 高齢者福祉と介護保険制度(3)給付内容と改正内容
第12回 労働者保険制度
第13回 介護実践に関する諸制度:社会福祉制度
第14回 障害者福祉と障害者保健福祉制度(1)自立支援制度までの成り立ち
第15回 障害者福祉と障害者保健福祉制度(2)障害者総合支援法
定期試験

授業時間外の学習(予習・復習等)

予習としてテキストを事前に読み込み,授業内で質問されたところを答えられるようにしておくこと.(1.5時間)
復習として,授業内で提示された主要キーワードを自分の言葉で説明できるように整理しておくこと.(1.5時間)
レポートの作成等課題への取り組み(1時間)

単位認定に関わる評価方法

定期試験:70% 授業態度:25% 課題:5%

受講生に望むこと

・自らが社会保障制度の恩恵を受けていることを理解して受講すること.
・主に介護福祉士養成と社会福祉主事任用養成の為の授業を行うが,将来,社会福祉士養成校に編入した場合に対応できるよう授業を展開すること.

フィードバックの方法

授業内で質疑しその場でコメントを返す.課題レポート、小テスト等はコメントを返す.定期試験は面談にてコメントを返す.

アクティブラーニング

テキスト

『社会保障』社会福祉士養成講座編集委員会編 中央法規

参考文献

適宜紹介する.必要な場合は別途配布する.

実務経験の有無

高齢者施設や介護事業所のソーシャルワーカーやケアマネジャーとしての経験を活かし,事例を交えて授業を展開する.

オフィスアワー

木・11:00~12:30

このページの先頭へ戻る