2022年度(令和4年度)講義概要―シラバス―

食品学各論 (科目記号:LNC202)

渡邉陽子

卒業/修了要件 授業形態 単位数 配当年次 開講期間
選択必修科目 講義 2単位 1年 後期

学位授与の方針との関連

1 専門的知識・技能、自己研鑽力
2 思考力、判断力、表現力、主体性、協働性

授業科目の目的・テーマ

各種食品・食材の種類、構成成分、利用方法について理解し基礎知識を身につけることにより
各種食品の栄養成分特性及び調理・加工食品の特性を関連付けることができるようになり栄養士としての献立を作成することができる

授業修了時の到達目標

各種食品・食材の種類、構成成分、利用方法について理解することができる。
各種食品の栄養成分特性及び調理・加工食品の材の特性を活かしてそれらを利用することができる。

授業内容の全体計画

第1回 食品に関する基本事項:食品成分表、食品の分類、地産地消、 、消費期限/賞味期限、食品表示について理解する。
第2回 植物性食品①:穀類:種類、含まれる成分、利用について理解する。
第3回 植物性食品②:いも類:種類、含まれる成分、利用について理解する。
第4回 植物性食品③:豆類・種実類:種類、含まれる成分、利用について理解する。
第5回 植物性食品④:野菜類:種類、含まれる成分、利用について理解する。
第6回 植物性食品⑤:果実類:種類、含まれる成分、利用について理解する。
第7回 植物性食品⑥:きのこ・藻類:種類、含まれる成分、利用について理解する。
第8回 動物性食品①:食肉類:種類、含まれる成分、利用、死後校長、熟成について理解する。
第9回 動物性食品②:乳類:種類、含まれる成分、利用について理解する。
第10回 動物性食品③:卵類:種類、含まれる成分、利用について理解する。
第11回 動物性食品④:魚介類:種類、含まれる成分、利用について理解する。
第12回 調味料・香辛料・嗜好飲料:種類、利用について理解する。
第13回 油脂食品:種類、特性、利用、酸化と防止法について理解する。
第14回 発酵食品:種類、発酵様式、利用について理解する。
第15回 調理加工食品:種類、製造方法、特徴、利用について理解する。
 定期試験

授業時間外の学習(予習・復習等)

事前学修 次回の教科書範囲を熟読し、分からない言葉を調べておきましょう。(各2時間×15回)
事後学修 毎回授業内容をまとめ、要点の整理し知識の定着を行う(各2時間×15回)

単位認定に関わる評価方法

①定期試験 80% 事後学習提出(まとめレポート)20%
②提出日を過ぎたレポートは減点します(-5点/回)
③遅刻や居眠り、忘れ物等授業態度が悪い場合、減点します(-2点/回)。

受講生に望むこと

食と向き合う栄養士にとって、基本となる科目です。食品学を学ぶうえで栄養学・食品学総論の基礎知識が重要です復習しておきましょう。
日頃から食品に関心を持ち、食品の種類やラベル表示を見て知る習慣を身に着けてください。

フィードバックの方法

予告して行う小テストでは、その場で解答を解説する。
定期試験は、採点後解説を行います

アクティブラーニング

毎回最後の15分でまとめ・理解できなかったことをグループワークで解決する

テキスト

『食品学各論 食べ物と健康②食品素材と加工学の基礎を学ぶ』  瀬口正晴・八田 一 編 化学同人

参考文献

『食品加工・保蔵学』海老原清他編 講談社
『八訂 食品成分表 2021』 香川明夫監修 女子栄養大学出版部

実務経験の有無

オフィスアワー

水・13:00~14:30

このページの先頭へ戻る