ホーム   >   学科・コース紹介   >   食物栄養コース:ライフデザイン学科

ライフデザイン学科

食物栄養コース

豊富な実習を通して実践的な専門技術を習得

授業の様子

 「食」は生きることの根源です。体の働きを支える栄養素についての知識は健康な暮らしの基本とも言えるでしょう。食と生命をとりまく学問を通して、望ましい食生活や栄養指導方法を学んでいきます。栄養士養成のためのカリキュラムは、専門知識と技術を習得するために給食実務から生化学実験まで幅が広く、グループワークや実験・実習を通して実践力が身につくように工夫されています。当コースでは、病院や学校など、どんな職場でも実力をフルに発揮できるような栄養士の養成を目指しています。

実習の様子

 近年「食」の大切さが多くの人に認められ、栄養教諭制度や食育基本法が成立しました。
 栄養士の活躍の場も急速に広がっています。栄養士は、正しい栄養知識を広め、その人に適した食事の提供やアドバイスをする「食」の専門家です。
 当コースでは、栄養士免許に加え、学校での栄養教育の担い手である「栄養教諭」の免許も得られます。 この他にも「医事管理士・医療管理秘書士」や「フードコーディネーター」の資格が取得でき、卒業後に活躍の場が広がっているのも特徴です。

主な取得免許・資格
栄養士
栄養教諭二種
同時に取得可能な免許・資格(受験対策を含む)
フードコーディネーター
医療管理秘書士・医事管理士
卒業後の主な進路
病院
学校
福祉施設
一般企業
4年制大学編入
栄養教諭とは
 国民の生活習慣病を予防するうえで、健全な食習慣の形成は不可欠です。そこで国は学校教育の中で、栄養職員が教育活動に積極的に参画して食に関する指導を充実させる制度、すなわち「栄養教諭」制度を導入することになりました。
 具体的には、小・中学校で学校栄養職員が担ってきた給食の業務に加えて、栄養・食品衛生・食文化などについて教えたり、偏食や食物アレルギーなどに関して児童・生徒の個別相談に応じるといった教育活動を行います。 今日、児童・生徒の食生活に由来する健康問題が深刻になって来ているだけに、栄養教諭に対する期待が広がっていくものと予想されます。  
 これから栄養士として小・中学校で活躍するには、栄養士免許に加え、教職免許「栄養教諭」が求められるようになります。本学ではこのような時代のニーズに応え、「栄養教諭二種」免許も取得できます。
このページの先頭へ戻る