ホーム   >   学科・コース紹介   >   幼児教育学科

幼児教育学科

豊かな表現力と創造力は保育者の必須条件

 幼児教育学科では、社会福祉や保育原理、児童福祉などの学びを通して、質の高い保育技術を身に付けた幼稚園教諭・保育士の育成を目指しています。

 幼児教育では、楽器への修熟やリズム感覚を養うことは必須。そのためいつでも学生の自習ができるよう施設を開放し、練習体制を整えています。表現力・創造力を養うため、図画工作や身体表現の実習も豊富。2年からの幼稚園や保育所、施設での実習も豊富。現場での実習に備えて、総合的な保育指導技術の習得をはかります。また、子どもたちにとってより良い環境を考えることは、明るい次代を築くことにもつながる学びです。

 子どもたちの好奇心は旺盛、しかもデリケートな感受性を持っています。幼稚園や保育所での実習では、元気でさまざまな子どもに振り回され戸惑う学生もたくさんいます。そんなときは、幼児教育の基本はハートだということを思い出して下さい。まず子どもの個性を把握し、受け入れるゆったりとした気持ちが必要です。遊びの中で集団生活のルールを学び、自己発見をする子どもにとって、幼児教育者はとても大きな役割を果たします。理論、技術、そして情熱。子どもたちに学び自分自身が成長していくことは、人を育てる大きな魅力の一つと言えるでしょう。

主な取得免許・資格
保育士
幼稚園教諭二種
同時に取得可能な免許・資格
児童厚生二級指導員
ピアヘルパー
社会福祉主事任用資格
卒業後の主な進路
保育所 児童館 児童福祉施設
幼稚園 一般企業
このページの先頭へ戻る