ホーム   >   大学案内   >   教育の方針 -アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・デュプロマポリシー-

教育の方針 -アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・デュプロマポリシー-

アドミッションポリシー<入学生受け入れの基本方針>

ライフデザイン学科

  1. 自らの目標に向かって学習意欲を持ち、日々学習・研究に努力する方
  2. 自主的な行動が出来、明るく協調性のある方
  3. 他者への愛情を深く持ち、思いやりと共感的理解を深めようとする方
  4. 自己の成長を広く社会に還元し、社会的貢献を積極的に行う方

幼児教育学科

 幼稚園教諭、保育所・児童養護施設・児童館などの保育士をめざし、その目的を達成するために、漸進的な向上への努力を怠らない方。

調理師専修科

  1. 料理人を目指したい方
  2. 調理技能を磨きたい方
  3. 食の安全・安心に興味・関心のある方
  4. フードコーディネートやテーブルコーディネート等、食空間のデザインに興味・関心のある方

カリキュラムポリシー<教育課程編成・実施の方針>

共通教育科目

 共通教育ではカリキュラムマップ(CM)に対応したカリキュラムポリシー(CP)を次のように定めています。
 本学の共通教育科目は、地域と交流する実践力を身につける科目、教養を身につける科目、生活力を身につける科目により構成されています。これらの学習を通じて地域に根差し、地域に貢献しようとする人材を育てるとともに学問に触れることで豊かな人間性を培い、社会の中で主体的に行動できる個を形成することを目的としています。
 1年次には、地域志向科目である「地域交流実践演習」を全学必須科目として開講し、学生が主体となる課題解決型学習を行います。教養科目では、「人間と社会」・「スポーツ」・「コミュニケーション」の三分野で科目群を構成し、人間、社会、異文化をキーワードとした科目を開講しています。また、2年次では、社会で生きるための基礎的能力の習得を目指した科目、実践的生活力を高める科目、社会人としての実践力等、本学独自の教育科目を開講しています。学科コースによらず自由に選択することができ、学生の興味の幅を広げられるようにしています。
 このような共通教育の科目は、地域に生きる学生一人ひとりの豊かな人間性を培うとともに専門教育科目の土台となり、その一部は資格取得のための要件ともなっています。

ライフデザイン学科

 ライフデザイン学科では、デュプロマポリシー(DP)の達成を目指して、カリキュラムマップ(CM)に対応したカリキュラムポリシー(CP)を次のように定めています。

<介護福祉コース>

 専門性の高い介護福祉士を養成するために、「人間と社会」「介護」「こころとからだのしくみ」「医療的ケア」の4領域を学習します。まず「人間と社会」では専門職としての基礎教養を修得します。また介護実践の根拠となるこころとからだのしくみを学び、介護実践の基礎を理解します。
 これらの基礎分野の理解に基づいて、「介護」や「医療的ケア」を演習を通して体得していきます。すなわち、介護実践の背景にある社会の動向や、その実践の根拠などの基本を学びながら、介護が必要な高齢者や障がい者にとって、また介護者にとっても安楽な介護技術やレクリエーション技術を学びます。更にこれら学内での学修成果を踏まえ、多岐に渡る学外での介護実習をおこないます。また、この介護実習を通して生じてくる疑問点を追及して、さらに実践の根拠を明確にしていく介護研究をおこないます。以上の学修を通じ、専門性を活用して高齢者や障がい者への個別対応ができ、地域貢献できる介護福祉士を目指します。

<食物栄養コース>

 専門職業人である栄養士に求められる能力としては、栄養指導・栄養療法・給食実務の3つの能力が挙げられます。これらの能力を培うためのベースとなるのは、社会、病気、衛生、給食についての専門知識です。また更にその基礎となるのが、体の働きや食物、調理についての知識です。
 この考え方に沿って、食物栄養コースでは全科目を大きく3グループに分け、段階的に順を追って学修することで、無理なく専門職業人としての能力を身に付けることができるように配置しています。また、栄養士養成科目に加え、教職や栄養教育に関する知識を学修することで、栄養教諭の免許も得ることが出来ます。更にこれらと併行して人間性を高めるため、教養を身に付け、自然に触れ、自分を磨くことのできる科目を開講しています。

<スイーツ・カフェコース>

 製菓衛生師としての専門的な知識を習得し、業界への就業力を身に付けるため、国家試験の受験に必要な科目を2年間にバランスよく配置しつつ、卒業までに試験合格への準備学習をおこないます。さらに、地場産品を利用するなどの創作力を高めるための実習や、サービス接遇に活かせるスキルやコミュニケーション力を養うための科目を設けています。
 また就職の選択肢を広げるために、医療事務系やフードビジネス系の資格取得のための科目を配置するとともに、希望者は課外講座として、MOSやTOEICなどのさまざまな検定試験に挑戦することも出来ます。

<国際観光ビジネスコース>

 旅行観光分野やビジネス分野で求められる能力は、言語リテラシー、ホスピタリティー、情報リテラシーの3つが基礎になっています。この考えに沿って国際観光ビジネスコースでは基礎専門科目として、まず語学に関する基礎知識やコミュニケーションや接遇に関する基礎知識、パソコン技術に関する基礎知識を学びます。
 さらに専門科目として、旅行観光分野では国内外の旅行観光の実際や旅行業や宿泊に関する法律などを学びます。またビジネス分野では簿記やビジネス実務のほか病院事務についても学ぶことができ、各種資格の取得を目指します。またこれらと並行して、大学で学んだことを積極的に地域で実践するためのコースセミナーを開講しています。

<幼児教育学科>

 幼児教育学科では、デュプロマポリシー(DP)の達成を目指して、カリキュラムマップ(CM)に対応したカリキュラムポリシー(CP)を次のように定めています。
 幼児教育学科では社会福祉や保育原理、児童福祉などの学びを通して、質の高い保育技術を身につけた幼稚園教諭や保育士の育成を目指しています。
 専門教育科目では、幼稚園教諭二種免許や保育士資格の取得に必要とされる科目はもちろんのこと、より実践的で総合的な保育指導技術が習得できる科目が開講されています。さらに、教育実習と保育実習での体験を踏まえて、これまでの学習の補充・深化を図り、より専門的な知識と技能を学修するカリキュラムが設定されています。
 加えて児童厚生指導員資格取得のための専門科目を開講しています。これらの講義では、児童に関する地域の課題を解決するための能力を養っていきます。

<調理師専修科>

 調理師専修科ではディプロマポリシー(DP)の達成を目指して、カリキュラムマップ(CM)に対応したカリキュラムポリシー(CP)を次のように定めています。
 外食産業を支える調理師として現場に立った時、先ず求められるのは基礎力と即戦力です。包丁の使い方をはじめ、基本的な調理技術や調理理論や食文化など、調理の原理について栄養面、嗜好面等から基礎的な知識を習得します。
 それと併行して、食生活と健康(公衆衛生)、食品と栄養学の特性(食品学・栄養学)、食品の安全と衛生(食品衛生)などを学修することにより、食の安全・安心を担う調理師としての自覚を養います。
 また、学内外での調理実習、学校行事やボランティア活動を通じて創作力、コミュニケーション力を培うと共に、社会人としてのマナーや調理師としての心構えなどを身につけられるよう指導しています。

デュプロマポリシー<学位授与の方針>

ライフデザイン学科

資格取得者としての専門的な知識と技術を習得できており、各領域に関する専門能力を以って、社会人として積極的に人々に貢献できると共に、生涯にわたって、専門領域のみならず広い視野で自ら学び続ける姿勢をもっていること。

<介護福祉コース>

  1. 介護福祉士としての専門的な知識と技術をもち、多様な介護福祉ニーズに応じた実践ができる。
  2. 利用者の尊厳・自立支援を重視した介護福祉サービスが提供できる。
  3. 地域の福祉ニーズを把握し、自己の専門性を活用して地域に貢献できる。

<食物栄養コース>

  1. 栄養士としての専門的な知識と技術を習得できていること。
  2. 食に関する専門能力をもって、社会人として積極的に人々に貢献できる。
  3. 自ら生涯学び続ける姿勢をもっていること。

<スイーツ・カフェコース>

  1. 製菓衛生師としての専門的な知識を習得できていること。
  2. 基礎的な製菓・製パン技術が身についており、地場産品を利用する高い創作意欲があること。
  3. サービス接遇に活かせるスキルやコミュニケーション力、経営感覚が身についていること。

<国際観光ビジネスコース>

  1. 資格取得者として必要とされる実践的な学力を習得できていること。
  2. 国際的な視野をもち、異文化を理解してコミュニケーションを図ることができる。
  3. 情報・会計に関する実務的な処理能力をもち、観光・旅行業や地域産業などで活躍できる。

幼児教育学科

  1. 専門的職業人としての使命感、責任感に基づいた幼児教育・保育の専門的知識と技能を習得できており、実践で応用することができる。
  2. 幼児教育・保育をめぐる多様な課題について論じ、適切な対応を考えることができる。
  3. さまざまなニーズに対応できる保育実践力と保育者としての資質向上へ意欲を持ち、生涯学び続けることができる。
  4. 知識、技術の土台となる正しい倫理観が身についていること。
  5. ボランティアを通して、地域との協働力や実践力が身についており、地域に貢献できる。

調理師専修科

  1. 調理師としての基本的な知識と技術に加え、創作力を備えていること。
  2. 地域や世界の食文化を理解し、コミュニケーション能力や食事を総合的にコーディネートする能力を身につけていること。
  3. 調理師として、自分の夢と可能性を高められる向上心があること。
このページの先頭へ戻る