ホーム   >   入試情報   >   入学試験制度   >   一般選抜

入学試験制度

一般選抜

筆記試験による基礎学力を中心に評価する入試形態です。

※外国人留学生の募集については別に定めております。詳しくは留学生入試をご覧ください。

出願資格

令和5年3月高等学校等卒業見込みの方で「出願資格」を満たす方

選考方法

筆記試験60分(基礎学力テスト)と書類審査(調査書、志望理由書、活動報告書)を総合して判定します。(本学での面接試験は課しません)

【基礎学力テスト】(本学での学修に必要な基礎学力を測る問題です)

試験時間60分で全ての科目(合計100点)を解答してください。

科目 備考 配点(合計100点) 試験時間
国語(現代文) 記述式問題を含む 50点 60分
※全ての合計
現代社会   50点
総合 科目にとらわれない記述式問題
〈試験について〉
「国語(現代文)」と「現代社会・総合」の問題を試験時間60分で全て解答します。これらの問題には、高校までの基礎学力「知識・技能」を測る問題と、基礎学力をもとに「思考力・判断力・表現力」を測る記述式問題が含まれます。
〈記述式問題について〉
大学の授業では、授業の内容を理解し、自分の考えを持ち、表現する力が必要です。
「国語(現代文)」の記述式問題では、文章読解力、表現力を測ります。
「総合」では、特定の科目に限定されない文献資料を読みとき、内容を的確に判断した上で批判的・論理的に考えをまとめる能力を測ります。

選考のポイント

本学での学修に必要な基礎学力・思考力を持っているかどうかを重視します。筆記試験と書類審査で学力の3要素に基づき評価します。

入試日程

入学検定料

30,000円

このページの先頭へ戻る